顎変形症ありがとう

27歳社会人。保険適用・顎変形症の治療記録。船で大学病院へ通院中。

4回目調整(桜満開)

 

「痛みに強いですね」

褒め言葉なのかしら、どうやら私は痛みに強いらしいです。

 

「ワイヤーを交換して数日は、ムズムズという違和感があるくらいです」

と伝えると、それが矯正では「痛みに強い」という評になるようです。

幸い、それくらい自分の症状が軽いということなのかもしれません。

 

写真が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

上の歯は親知らず以外の全ての歯にブラケットが装着されました。

しかし、右7番の器具の出っ張りが内頬に当たって口内炎で真っ白です。ゾッ

でもここも鈍感なのか、大した痛みに感じません。

 f:id:orinto:20160408001231j:plain

下の歯は奥に引っ込んでいる前歯が出て来られるだけのスペースがないので、

歯並び全体を左右に押し広げるため、強目のワイヤーが装着がされました。

今回は主治医の先生自ら、ゴムではなく細いワイヤーを使って固定してくれました。

 

3枚ある写真の1番上を見てもそうですが、

上下の噛み合わせに隙間が生まれてきました。

上は上、下は下で整いつつも、

徐々に噛み合わせのズレが深くなってきたようです。

あと、口角が弱くなりました。常にヘルペスになる一歩手前のような荒れ具合です。

今回の料金は 5,670円 でした。

 

手術の時期に関して質問すると、

下の歯並びのガタガタが治ったら石膏型を取り、

上下が合致するか診断をして、その1〜6ヶ月後に手術ができるということでした。

今はまだ下の歯がガタガタなので、手術時期を決められる状態ではありません。

一応、希望として冬に手術ができればということを伝えました。

 

 f:id:orinto:20160408001027p:plain

桜前線、北上中ですね。

短い春を楽しみましょう。