顎変形症ありがとう

27歳社会人。保険適用・顎変形症の治療記録。船で大学病院へ通院中。

術後1.5か月の近状〜食事・痺れ・腫れ〜

術後1か月半経ちました。(退院からは1か月)

 

忘れないうちに最近の近状を書き留めておきます。

 

【食事・開口】

●開口は最大2.5cm弱。

●最大限口を開けようとすると、左の顎関節が「ガクッ」と鳴るようになりました。

手術前も両方音はしていましたが、とくに右の方が大きな音だったので、逆転した形です。中々大きな音で、こめかみから耳も動くくらいなので、ちょっと気になる。

●食事は明らかに固いもの以外、ほぼ通常食が食べられています。

・生レタスや、りんごはまだ難しいです。

スナップエンドウは、サヤを半分に割って半身ずつなら食べられます。

・豚コマは固いので、普通の薄さのものを時間をかけて噛むか、小さくしておけば食べられます。鶏肉も同様。

・ご飯は、おかゆが食べやすいので継続しています。(おこわや白ご飯は、噛み合わせの隙間から逃げてしまうので、うまく噛めず、食べた気にならない)

食事のストレスはほぼなくなりました!

●歯磨きは、ぶくぶくうがいするだけで、食事のカスが取れるようになってきたので、ウォーターピックを使う回数が減りました。

その分、インタースペースブラシですすぎ残しているカスを取るのが大事になっていますが、歯磨きが手軽になって嬉しい^^

メチコバールというB12のお薬も毎食後、継続中です。

 

【痺れ・ゴムかけ・顎固定バンド】

●痺れは、おとがいから法令線の範囲内の下顎において、正中より右側が良くなってきました。その直上の下唇も同様に良くなってきました。触った時にピリピリと感覚が出てきました。

でも、左側は鈍い感覚のままで、触っても良くわかりません。直上の下唇も同様に触っても良くわかりません。

 

●ゴムかけは、食事時以外24時間つけるように指示されていますが、ゴムかけのせいで少しディープバイト気味になり、「ゴムの力が、逆にかかりすぎている」と言われたこともあり、自己判断でわざと朝食から昼食まで(4~5時間)付けなかったりしています。

・開口訓練はとくにしていません。良く噛むように意識しているくらい。

●顎固定バンドは、ほとんど付けなくなりました。たまに気が向いたら、就寝時に付けています。

 

【会話・腫れ】

●電話も普通にできますし、会話で発音に困ることはなくなりました。まだ下顎の痺れが強いため、どうしても通常よりもったりした話し方になっているのですが、大した不便ではなくなってきました。

(前回の記事までの時は、「ん」など口を閉じて行う発音が難しかったのですが、今は大丈夫です)

●腫れを隠したくて着けていたマスクもとりました。

 周りの人からも、「腫れがわからなくなってきた」「まだちょっと腫れてるけど、だいぶ引いてきてるね〜」と言われるようになりました。